Homines id quod volunt credunt. | 山下太郎のラテン語入門

「ホミネース・イド・クォド・ウォルント・クレードゥント。」と発音します。
homines は「人間」を意味する第3変化の名詞・複数・主格で、この文の主語です。
id は(確定)代名詞 is の中性・単数・対格で、関係代名詞 quod 以下の先行詞となっています。
volunt は「望む」を意味する不規則動詞 volo の現在・複数・3人称で、目的語は、id quod volunt (「(人間が)望むところのことを」)となります。
credunt は「信じる」を意味する第3変化動詞 credo の現在・複数・3人称で、この動詞に対応する主語は homines です。
「人間は(信じたいと)望むことを信じる。」という意味です。
原文は、カエサルの『ガリア戦記』第3巻18に見られる言葉で、そこには副詞 libenter (自由に)が頭についています。
この場合、「人間は、自分が信じたいと望むことを喜んで信じるものである。」という意味になります。

人気記事:

関連記事:

Share

Comments

Powered by Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク

ブックマーク数“);ブックマーク数 Buzzurlにブックマーク

ブックマーク数“);ブックマーク数 livedoorクリップ

ブックマーク数“);ブックマーク数 Yahoo!ブックマークに登録

ブックマーク数“);ブックマーク数


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s